妻 不倫

妻の不倫相手に制裁

妻の不倫相手に制裁。嫁はんの密会がいぶかしい場合は、明確な証拠裏付け握る。明らかなエビデンス持つまでは、不義に感づいていることを暴露しない方がいい。

 

上さんが情事をしているのかもしれないと不審に思ったとき、通常はママが所有しているラインをチェックして、奸夫と卑猥なLINEをしているか、家を空ける日取りがメモされていないか調べると思います。

 

あるいは、上さんが所有しているポーチにGPSを密かに入れたりして、行動をモニターするようなこともされるでしょう。

 

それでも、それだけでは法律的に法的に有効な不倫の証左と判断されないということを分かっているでしょうか?。

 

男性としては、ママが男と不貞なラインをしていて、愛してるとか言い合っていたら、それはもはや不倫と見なしたくなりますよね?。

 

それに、上さんの不倫が怪しいためにGPSで行く先を観察しているただ中で位置がモーテルで停止していたら、怒り心頭してしまいますよね。

 

けれど、法律的には不貞行為をしていなければ、姦通だと判断されません。

 

姦夫とワイフがセックスしていて初めて、司法的な立場から姦通と決められます。

 

裏を返せば、嫁が他の男とセックスしていないにもかかわらず、姦通だと激しく尋問すると、当方の立場が弱くなってしまう。

 

妻の不倫と体験談

 

根拠が不適当である状況のまま、ワイフの浮気を責めてやり損じた場合伝達。

 

ボイスレコーダーへ採録した密夫と家内の喘ぎ声。

 

ワイフの生活が前と違ってきて、音声録音機をポーチに忍び入れたりしておきました。

 

帰ってきて聴いてみると、他の男と性行為しているようね喘ぎ声が聴こえてきました。

 

これはもう確実な確たる証拠だと思い込んで嫁に詰問してたら、姦通を承認しました。

 

でありながら、いざ間男に対して慰謝料請求をしようとしたら、やにわに主張を変えてきたので。

 

モーテルへは自分ひとりで泊り、浮気相手とペアではないと。

 

そんなのは馬鹿げていると受け止めましたが、弁護士にコンサルテーションしてもらってみても、結局のところ二人でラブホに泊る現場を撮影など記録に保存しておかないと、裁判になった時に明らかな姦淫の裏付けではないという判断。

 

上さんが車の中で他の男とチューしていたのに・・・。

 

奥さんの帰宅が過度に遅いので、職場に行ってみたところ、もはや閉まっていました。

 

パーキングに嫁のポルシェがあり、よりによって間男とチューをしているのです。

 

それを見て意識が喪失しそうになってしまいました。

 

憤りのあまり、サイドドアをオープンして慟哭して怒鳴り散らして、相手のIDおよびビジネスカードを取り上げ、慰謝料催促を行いました。

 

けれど、しばらくして姦夫の弁護士事務所から電話が寄こされ、あなたがしてしまった行動は脅迫罪に相当するから、警察当局に被害届を申し立てると伝えられてしまいました。

 

また、車の助手席でディープキスしたという事実だけだと不倫にならないので、浮気の慰謝料を支出する必要は無いというのです。

 

こちらは並々ならず紛糾してしまいました。

 

嫁はんが奸夫とチューしている現場を見たにもかかわらず、不倫じゃないとはおかしいじゃないかと考えました。

 

挙句の果て、示談ということになりましたが、こちらとしては心残りな心情です。

 

妻の不倫相手に制裁を下す。男と嫁さんが性交渉をしていた時に、法的な立場から情事と査定されます。ひっくり返して言えば、妻が他の男と性愛していないにもかかわらず、密会だと決めつけて怒って詰問すると、自らの方が不利になってしまいかねない。

 

出典:妻 不倫 制裁

 

妻 不倫記事一覧

妻の不倫相手に制裁して慰謝料を取る合法的手段。よしんば嫁の浮気が事実だったとしても、自らで復讐するのは思いとどまった方がいいです。その理由は、自分で制裁を与えようとすると、自らの立場が不利になってしまうためです。相手が間違っているからといって、ママを慟哭して叱りつけてしまったら、家庭内暴力と解されて離婚裁判に持ち込まれた時などに極めて弱い立場になります。激しい語気で怒られたのでうつ病を患ったと診断...